読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラ買い替えました

カメラ、買い替えました。

ついでにレンズも買いまして。。。

 

とうとう買ってしまいました!

OLYMPUS の40-150mm F 2.8 のレンズを!

 

 f:id:recycletome256:20170224212545j:image

 

マイクロフォーサーズなので、焦点距離は35mm版 換算で倍になるので、80-300mmのレンズってことです。

 

明るい望遠レンズが欲しいとは言い続けてましたが、先週、Jリーグマスコット好きが集まる会に参加して、刺激を受けて買うことを決意。

 

翌日に購入し、水曜日のACLで試し撮りしてきました。

 

f:id:recycletome256:20170224213016j:image

 

いやー、良いですね、このレンズ。暗いところでもシャッタースピード稼げるし。

 

明日はNACK5に持参して撮ってきます!

 

 

 

11年目のフロンターレが始まる。

いよいよ、明日から2017シーズンが始まる。

自分は2007年からフロンターレを応援し始めたので、11年目のシーズン。

 

その時から変わらずにクラブにいるのは、憲剛と井川だけになってしまった。

 

それでもクラブは「らしさ」をずっと変わらずに貫いてきているし、むしろ11年前よりも、「らしさ」が強く、色濃くなってきていると感じる。

 

このクラブの在り方に共感して、このクラブのサッカーを好きになって、川崎に移住した。

このクラブにまつわる全てが楽しい。

 

今年もこのクラブと共に。

 

今年も始まります。今年もよろしくです。

 

f:id:recycletome256:20170224211357j:image

これまでの10年、これからの10年

本記事は、川崎フロンターレ Advent Calendar 2016 - Adventar の 11 日目として寄稿するものです。

1. はじめに
「これまでの10年、これからの10年」という題で、当初は私が考えるフロンターレのこれまでの10年とこれからの10年の話を書こうかと思ってましたが、さすがにそれは大風呂敷過ぎました(苦笑)ざっくりな話は飲み会ででもお話ししますので、聞きたい方はそこで(笑)

 

さて、そういうことで、今回は当初の記事構想の中でも一番の核になるアカデミーの話をできれば、と思います。

f:id:recycletome256:20161211164142j:plain

 

2. これまでの10年
アカデミーの歴史を調べてみると、この10年は非常にクラブも力を入れ、重要な10年だったことがわかります。

 

 

例えば、U-18 のカテゴリーを見てみると、10年前は神奈川県リーグで、しかも2007~2009年は、3年連続でプリンスリーグへの参入決定戦で敗れてました。
が、2010年にプリンスリーグ関東に昇格すると、その後は安定してプリンスリーグ関東のカテゴリーで戦っています。
そして、2015年、2016年は、プリンスリーグプレミアの参入決定戦への出場権まであと一歩まで近づいています。

間違いなくアカデミーの力は上がってきています。

 

そして、これは私も今回の記事のために調べて初めて気づいたのですが、2005年~2016年の新体制発表会見で、強化部長はほぼ毎年、アカデミー、育成について言及をしています。(2007年のみ言及なし。)

いくつか新体制発表会見時の育成、アカデミーに関する発言を引用してみたいと思います。

2005 年
「3つ目は、組織の変更を致しました。・・・強化部の中にU-18を組み入れる、この変更の趣旨と言いますと、U-18、ユースのチームとトップチームのジョイントをもっともっと高めなければならない・・・トップにつながってくる選手が増えてくるだろうという趣旨での組織変更です。それからトップチームへのいい優秀な選手の安定供給。我々が、J1に上がって2〜3年、土台を作る中ではこのような対応が必要だろうと、また、ユースから昇格するということは、当然川崎市、神奈川県を中心とするトッププロを育てるという施策も検討の中に入っています。」


2009 年
「育成の強化の基本は、やはりトップチームで活躍できる選手。U-12、みなさんもご存知であろうと思われますが、ジュニアチームを始めて3年目。ダノンカップの日本代表になり、それから、全日本少年大会でベスト4になっています。・・・育成でも、若い選手を育てて、トップチームで活躍できる選手を供給したい。・・・クラブが継続して安定した結果を保つ、上昇クラブになるには、必須の条件であると考えております。そういうことでさらに、育成にパワーを結集しながら結果を残していきたいというふうに思います。」

2013 年
フロンターレはアカデミーのレベルアップに向けていろいろ取り組んできております。・・・今後はですね、アカデミーからトップまで一貫した指導を目指し、指導者、選手の深い交流をしながら若手の育成に努めてまいりたいという風に思っております。」

2016 年
今後もジュニアからトップまで一貫した指導を念頭に置いて、しっかりと選手育成に取り組んでトップにつなげられるような選手を1人でも多く育てていきたいと思います。」

 

たくさん、引用してしまいましたが、2005年からの目標として変わらないのは、ユースからトップへ一貫した指導による選手の育成。そして、地元出身の選手の育成というところです。

それが本格的に感じられるようになってきたのは、風間さんの下でトップチームのコーチを務めていた今野さんがU-18 の監督に就任された2013年からでしょうか。
翌年は同じくトップでコーチを務めていた寺田周平さんが、U-15の監督に就任して、トップのサッカーのアカデミーへの浸透、そしてそこから育った選手のトップへの引き上げ、という流れを作っているなぁ、と強く感じているこの3年です。

 

こう書いていると、風間さんが来てからだよね、と感じられる方も多いかもしれません。それは確かに正しくはあります。
ですが、それよりももっと前からクラブはアカデミーに関しては取り組みを開始しており、その証拠として、小学生年代の全国大会であるダノンカップを2008年~2010年まで三連覇しており、その世代の主な選手は、以下の通り。

2008年:三好康児、板倉滉
2009年:三笘薫(筑波大)、岸晃司(専修大
2010年:田中碧、高宇洋(市船G大阪内定)

クラブがしっかりと下の年代から選手を育ててきているのがわかると思います。

また、これとは別にアカデミーから大学に進学した選手も大学で成長して、フロンターレに帰ってくる流れも作りつつあります。

一昨年は、その流れで可児選手(阪南大学→川崎→金沢)が帰ってきてくれましたし、今後もその流れは継続していくと思います。

 

脇坂泰斗 (川崎U-18 → 阪南大学3年)

f:id:recycletome256:20161211164251j:plain

 

三笘薫 (川崎U-18→筑波大学1年)

f:id:recycletome256:20161211164418j:plain

岸晃司(川崎U-18 → 専修大学1年)

f:id:recycletome256:20161211164610j:plain


3. これからの10年
今後の10年は正直、不確定な要素が多い10年かもしれないと感じています。
2009年ごろまで大きな戦力となっていた良質のブラジル人選手というのは、中国、中東のクラブが経済的な力が大きくなったことで、そう簡単に獲得できなくなるかもしれません。

 

また、ダゾーンによる多額の放映権収入もいつまで続くかは不透明な部分もあります。Jリーグの多額の賞金が10年間続くかわかりません。

だからこそ、トップのサッカーに馴染んでいる選手を安定して供給できるアカデミーの存在は非常に重要です。
ここは、自分達次第で高めることができます。


また、ごく近いうちに「ホームグロウン制度の導入」も噂がされています。
これは、各クラブのトップチームの登録選手にユース出身や地元出身選手を入れることを義務付ける制度で、この制度に対応できる、という意味でもアカデミー、およびアカデミー出身選手の存在は重要だと思います。


4. むすび
私は、2009年のシーズンが終わったとき、ふと大きな不安に駆られました。「このチーム、サッカーのサイクルはここがピークで、この先はどうなるのか・・・」と。
そこから、紆余曲折はありましたが、クラブはなんとか次の方向性を見出し、それを継続していく取り組みをしているように私は感じています。
(特にこの5年は強く感じます)

アカデミー出身の選手は多くの選手が、10代前半でフロンターレのアカデミーに入り、そこから18歳までを過ごしています。だから、クラブ愛、フロンターレ愛というのはある程度、自然と育まれていると思います。

しかし、もっと注目、見守ってあげる、応援してあげることで、彼らのクラブ愛は高めることができると思いますし、ひいてはそれが彼らの成長にもつながると思います。
昨日、ツイッターでアンケートを行ってみたところ、私のフォロワーさんの場合、6割近い人がアカデミーの試合は見たことがない、とのこと。

確かに等々力以外でやるときは、なかなか足を伸ばしにくい会場であることが多いです。かくいう私も近場しか行けてないので、あまり大きなことは言えません。
でも、この記事を読んだ方の1人でも多くの方が来シーズンは、アカデミーの試合会場に足を運んでくれること願ってやみません。

(もし、なかなかアカデミーまでは・・・という方は、気にかけていただけるだけでも十分です。あ、今日は試合勝ったんだ、誰が得点したんだ、とかそんなことからで構いません!)

そうは言っても、アカデミーはクラブから上がる情報が少なくて・・・、という方に、「川崎そだち」というサイトをご紹介して最後の締めにさせてください。

「川崎そだち」は、参加者が手弁当で運営しているサイトで、主にアカデミーの試合、選手を取り上げた記事を掲載しています。
(その他、フロンターレを退団して、他クラブへ移籍した選手の記事も時折掲載しています。)
記事を書かれている方々は非常にアカデミーを熱心に見守られていて、愛情たっぷりの記事が掲載されています。

アカデミーのことはよくわからない、という方は、是非、一度、ご覧になっていただければ、と思います。

川崎そだち
サイト : https://kawasakisodachi.net/
Twitter : @kwsksodachi
FaceBook : https://www.facebook.com/kawasakisodachi/

 

長くなりましたが、本記事は以上です。本日の川崎U-18 は、見事勝利を収めたものの、プリンスリーグプレミア参入決定戦への出場はかないませんでした。

f:id:recycletome256:20161211164859j:plain


しかし、プリンスリーグへの参入の際も、何度も阻まれて、その思いを引き継いだ後輩が、4回目でその夢をかなえました。
きっと来年こそは、現2年生、1年生、新1年生が思いを引き継いでやってくれると信じています。

f:id:recycletome256:20161211164932j:plain

 

明日は、あんざいさん(@kanzmrsw)により、「川崎そだちネタ」です!お楽しみに!

初めてバスケ、Bリーグ、そして川崎ブレイブサンダースを見て。

本記事は「川崎ブレイブサンダース Advent Calendar 2016 - Adventar」の4日目として寄稿するものです。

1. はじめに

とめ (recycle_tom) と申します。サッカーは、Jリーグ創設の前年から見始めて、20年ほど。川崎フロンターレは、2007 年から応援してますので、今年でちょうど10年目。フロンターレの応援のために川崎市に引っ越して、現在は中原区在住です。

 

さて、そんな私が今年から、バスケットボール、Bリーグ、川崎ブレイブサンダースの試合を見始め、すっかりハマってしまいました。
これまでの人生でバスケットボールとの接点といえば、学校の体育の授業か、漫画 「スラムダンク」ぐらいで、観るスポーツとしてはかなり縁遠かったのです。

 

それが既に、B1の試合は 7 試合ぐらい、B2 の試合も 1 試合、観に行きました。そんな私が、B リーグ (ほとんどが川崎ブレイブサンダース絡みの試合ですが・・・)を観に行って感じたことをづらづらと書いてみたいと思います。

以前からのバスケットボールファンの方からすると、常識だったり、当たり前だったり、的外れだったりすることもあるかと思いますが、生暖かく読んでいただければと思います。

 

2. きっかけ
たった3か月弱前なのにキッカケはすっかり忘れてしまいましたが、ツイッターのフォローしてる方がBリーグの事を熱く語ってる方がいた、とどろきアリーナという近い場所にBリーグのチームがある、その辺りだったかなぁ、という記憶です。
 
でも、一番大きな要因は、「川崎」だからです。やはり「川崎」という地名がチーム名に入っていると、親近感が全然違うと感じています。

 

f:id:recycletome256:20161204210912j:plain

 

 

3. 試合を見ていて感じたこと
試合を見ていて感じたことを少し書いてみたいと思います。

 

3-1. DJさんおよび音楽での演出
今まで私が見てきたスポーツ(サッカー、野球)が、試合中に音楽を流したり、DJさんが試合中に話したり、というのがほぼ無い競技だったため、先ずそこが凄く新鮮でした。オフェンスの時もディフェンスの時もリズムに合わせて、ハリセン等でバシバシ叩いて応援というのは、初めて見る人にも参加しやすい応援だなぁ、と。

DJさんの試合中のコールも何度聞いてくると、クセになってくるんですよね。
私はブレイブサンダースがフリースローを2本とも決めた時の、DJ 高森さんの 「ナーイス!」が結構好きです(笑)

 

3-2. チアリーダーの方々の活躍
これはどの会場に行っても感じるのですが、バスケットボールはチアリーダーが会場および試合の雰囲気作りに非常に重要な役割を果たしているなぁ、と強く感じました。これはよく観ているサッカーがチアリーダーとの親和性が少し薄いスポーツだからかもしれませんが、それにしても、試合中にタイムアウト毎に直ぐに出てきて、1 分間のショーを演じるのは、なかなか大変だなぁ、と思いますし、しかも、そのショーで、しっかり会場の空気を作れるんですよね。

こんなことを言うと、失礼だ、と怒られるかもしれませんが、私はチアリーダーの方々の見方がかなり変わりました。
チアリーダーの方々は、バスケットボールの試合の重要構成要素の1つです!

 

3-3. バスケットボールの試合について
体育の授業や「スラムダンク」でバスケットボール自体には触れていたので、ルールが全く分からないことはなかったのですが、プロの人の試合を見るのは初めてだったので、初めて見たときは色々と新鮮でした。

特に驚いたのは、3 ポイントシュートってこんなに入るのか! ですね。ブレイブサンダースの選手がトップレベルというのもありますが、対戦相手の選手でもフリーにすると高確率で決めてくるのは、正直驚きました。自分が体育でやってた時なんて全然入らなかったのに・・・。
(ちなみに B2 リーグの試合を見に行った時は、なかなか入らなくて、ブレイブサンダースの選手達の凄さがよくわかりました)

 

f:id:recycletome256:20161204210949j:plain

 

あと、これは試合によって多少異なると思いますが、基本的には得点がたくさん入って、ダンクシュートや3ポイントシュート等の誰が見てもわかりやすい盛り上がれる場面があるので、初めて見る人も楽しめるスポーツだなぁ、とも感じました。

※ちなみに私は冷めた人なので、「ダンクしてもレイアップでも同じ2点だし・・・」と感じてあまり盛り上がれない人ですが(苦笑)

3-4. フリースロー
フリースローの時に相手チーム側のブースター(ファン)が、ハリセンを叩いて、ブーイングをして、しかもそれをチアリーダーの人達も煽って、
相手のミスを誘うように雰囲気を作る、というのは新鮮でした。
良い悪い、とかではなく、あー、チアの人も煽るんだー、と。そういう文化、スポーツなのかなぁ、と感じました。

4. 会場について
サッカー同様、チームによって千差万別だなぁ、と感じます。素晴らしいアリーナもあれば、体育館だなぁ、と感じる会場もあります。

 

f:id:recycletome256:20161204211433j:plain

4-1. 土足禁止、飲食禁止の会場について
B1リーグは土足OKの会場での開催が必須との話を聞いてるのですが、B2リーグは必ずしもそうではないようで、私が観戦を予定した会場は、1階指定席は土足禁止とアナウンスされてました。(後にOKになってましたが。)

また、土足OKは昔からのファンの方々や関係者の方には当たり前なことなのかもしれませんが、初めて見に来る人には心配なポイントかもしれません。
少なくとも私は気になりました。(過去にイベントでとどろきアリーナに入った時に土足禁止といわれたので。)
ところが、当たり前のことだからなのかもしれませんが、「土足OK」であることは、B1リーグの中地区では、サンロッカーズ渋谷以外のチームの試合情報には記載されていません。たった1行なので、書いていただけると非常に嬉しいです。

そして、私が観に行った B1 リーグの会場ではありませんでしたが、B2 リーグの試合では、会場によっては飲食禁止の会場もありました。
恐らく学校や自治体の施設を使っており、色々な事情があるからだとは思いますが、試合を観ながら飲食できないのはなかなか辛かったです。
この辺りは追々、良くなるといいなぁ、と感じています。

4-2. アウェイ会場でのグッズ販売   
私はブレイブサンダースのアウェイの試合に2試合ほど行かせてもらいましたが、どちらの会場でもブレイブサンダースのグッズが売っていなくて、ちょっと寂しかったです。何かあれば買おうと思っていたのですが・・・。

 

f:id:recycletome256:20161204211001j:plain

 

サッカー(Jリーグ)では、チームによって違ったり、数の多少はありますが、アウェイチームのグッズをアウェイの会場でも売っています。
グッズを持ってくるのを忘れたときに買ったり、アウェイ会場でしか売らないグッズとかもあったりして、アウェイでもグッズ購入機会があります。

まだ初年度で各チームともそんな余裕がないのだと思いますが、いつかアウェイでもチームグッズが買えるといいなぁ、と思ってます。

 

f:id:recycletome256:20161204211541j:plain


以上になります。あまりまとまりがなくて申し訳ないですが、今、感じていること、感じたことを書いてみました。
思い違いや考え違いをしていることがあれば、やんわりご指摘いただければありがたいです。


明日は、ishikawaayako さんによる 「代表が台湾へ①」になります。